スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ささやかな抵抗

お休みの日の日中、ティナとお散歩していたら・・・

キレイな椿の花(山茶花の花?)が咲いていて・・・春めいてきたなぁ・・・とニンマリ 


2013_02180114.jpg2013_02180113.jpg

そして冬の名残・・・もうすぐしまわれてしまう・・・キレイなオブジェ

2013_02180111.jpg   
2013_02180110.jpg
2013_02180112.jpg

そぉよねぇ・・・ 

もっとキレイになる為に・・・シャンプーしようね~ 

[広告] VPS


ティナちん! お湯加減はいかがですかぁ~? 

2013_02180118.jpg

うらめしそうな顔をしなーい 

2013_02180120.jpg

2013_02180122.jpg


2013_02180124.jpg

はい べっぴんさんの出来上がり



にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュコッカースパニエルへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

TUBO・ツボ・経穴

この前の続きで・・・ツボ押し編

東洋医学では、痒みなどの皮膚トラブルは体内にたまった老廃物や毒素が排出する場所を求めて体表面に出てきたものと考えるそうで(細かく診断していくと体質や、他の経絡の滞りが原因の場合もあるので一例として)こうした痒みの原因となるものを尿として排泄できるように促すツボとして・・・
「血海」 犬の膝蓋骨の内側上縁より犬の指3本分上にあるツボ
2012_1007~2012夏0007
血海は血流の流れを改善し、ホルモンバランスを整えるツボと言われ、女性の生理トラブルに良く使われるツボですよね! 血の巡りを改善して老廃物や毒素の排泄を促す作用が高いそうです。 尿からの排泄には十分な水分補給も大切!とのこと。

そしてカユカユに付きもののイライラには・・・
「液門」 犬の前肢、外側がら数えて1番目と2番目の指に間にある水かきの位置にあるツボ
2013_02092013290104.jpg
リラックス神経(副交感神経)の働きを活性化し、イライラを解消するのに効果があるとされているそうです。

丹田 犬のへそ下、指1~2本分の位置
2009_06290083.jpg
イライラして上がった気を、鳩尾(みぞおち)から優しく丹田へなでおろします。


シニア期の健康サポートの為のツボ

「後海」 肛門としっぽのつけ根の間。(筋肉が緊張するので押すときはしっぽを下げた状態で行う)
2013_02092013290106.jpg
東洋医学では生命エネルギーそのものを指す「気」を強化し体力をつけるのに有効なツボとされ、リウマチ、腎炎、慢性胃腸炎などにも効果的とされています。

「腎兪」 犬の1番下の肋骨を背骨の方へ辿って交差した場所から2つ下の背骨の両側にあるツボ
2011_05200063.jpg
東洋医学で言う「腎」は老化と深く関わり、腎が衰えると「精力」「気力」が減退し元気が無くなると考えます。
腰痛や気分の落ち込み、泌尿器系のトラブルにも効果的なツボとされています。
腎兪を普段から刺激しておくことで「腎」を補い老化防止=アンチエイジングに役立つとされています。

認知症予防として「腎兪」「神門」「百会」の刺激も良いようです。

「神門」 大きい肉球の下、小指の延長上のツボ
DSCF2677.jpg
不安感や緊張感をやわらげ精神安定に役立つと言われています(てんかん発作時に使われるツボでもあるようです)

「百会」 犬の骨盤の一番広い部分と背骨が交わる所にあるツボ
2009_06290140.jpg
脳の老化予防・腰痛やイライラの解消、整腸作用にも効果的なツボだそうです。

ツボを押す時の強さは500g~1kg(中型犬)目安だそうですが、ワンコの表情を見ながら丁度良い力加減を探すのが基本。
押す力が弱いと、「もっと強く!」と体を押し付けてくる子もいるそうです^^

ティナは、全部のツボ押しでウットリしてます





にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュコッカースパニエルへ
にほんブログ村



勉強してきました^^

先週の日曜日に「ペットのための東洋医学基礎講座」を受講してきました!

DSC_0889.jpg

まず最初に、飼い主とワンコの体質を見極めるためのシートにチェック!!

飼い主(私)は「瘀血・陽熱」タイプ・・・要するに血液ドロリンで暑苦しいタイプらしい(^^ゞ

DSC_0884.jpg

ティナはチェックを付けるのが難しい、ほぼ健康体のようで() しいてあげるとすると、良く水を飲むので「陰虚」タイプにチェック! ・・・これが強くなると体内の水分が足りなくなり、ほてりやすく、肌がカサカサになるらしい。

そして、陰陽五行、五臓六腑・・・家庭で出来る薬膳のお話へと進み・・・

普段わたしたちが料理で使う身近な食材にも、薬と同じ効果があるとして、体質と季節に合わせて食材を選んで作る食事が薬膳料理になるそうです^^

ティナにはドライフードを楽しんでもらっていますが 薬膳食材をトッピングするだけでもOKと聞いてちょっと安心^^
夏は体の熱を冷やす、トマトやキュウリ、馬肉。 冬は体を温める、かぼちゃや鶏肉。 これだったらすぐ出来る

ティナの「陰虚」の喉が渇くには、ごまや豆腐、トマト、白菜、こんぶが良いらしいのですが、豆腐・トマト・こんぶは体を冷やす性質をもっているので、冬は一旦熱を通してから。。。だそうです。 なるほど!!
ラッキーな事にティナの大好きな「林檎と梨」も陰虚にgoodでした(^-^)

後は犬にあげてはいけない食材、犬にも使える生薬食材(クコの実・陳皮・なつめ・緑豆・葛)を使った料理のレシピなど・・・とてもわかりやすくレクチャーして頂きました^^

後半は、皮膚トラブル、イライラ、シニア犬の気力強化・認知症、デトックスなどに効果的なツボのお話。。。これはまた次に。 ティナの体を使ってお伝えしたいと思いまする 


にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュコッカースパニエルへ
にほんブログ村
プロフィール

ティナくま

Author:ティナくま
イングリッシュコッカー ティナとの日々の出来事を、時々ポチポチっと書いていこうと思います('∀`)
2005年4月24日生まれの女の子

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オーラカラー
フリーエリア
パッチョ時計
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。